近年特商法が改正される要因

ガイドラインを設けても抜け穴がある

最近ではインターネットを使った商取引が中心になり、通販サイトを利用して商品の購入をする人が増えています。
しかし、対面販売ではなく不正行為が起きやすく、このような問題点を防ぐために消費者庁が特商法を設けていることが特徴です。

しかし、実際には抜け穴を利用して詐欺が起きやすく、なおかつパソコンやスマホの操作に慣れていない高齢者が被害者になる傾向があります。

悪徳業者は特定商取引法に基づく表記の抜け穴を利用して利用者をだます傾向があり、消費者庁も特商法を改正して対策を講じる傾向が強いです。

消費者トラブルは近年ではコロナ禍もあり通信販売の需要が高くて増えやすく、消費者庁がルールを改正して対策を講じていますがそれでも限界があります。

巣ごもり需要が高くなると悪質な行為をするチャンスも増える

2020年は新型コロナウイルス感染症の影響で巣ごもり需要が高くなり、せどりなどの転売ビジネスやネットショップの運営を副業としてする人が増えました。
しかし、ネット上の取引では対面販売ではなく不正行為をしやすいため、消費者トラブルが起きやすいなどリスクが高いです。

また、詐欺の勧誘のパターンを理解できていない高齢者や若者がターゲットになりやすく、消費者庁はその対応に追われています。
特商法は不正行為をなくすために効果的な方法ですが、それでも消費者トラブルがなくならないことが現状です。巣ごもり需要は通販サイトなどネット上の取引を増やすことになりますが、消費者トラブルも少なからず起きています。

また、近年では定期購入サービスを利用した詐欺も多く、初回限定で割引サービスをすることを条件に多くの費用を請求するケースも多いです。

時代の流れに対応しないと消費者トラブルは防げない

特商法は商取引全般に対して定められていますが、悪徳業者は常に抜け道を探す傾向があります。
このため、その都度ルールを改正して対応する必要があり、せどりなどの転売ビジネスやネットショップの運営をするときは最新の内容を確認することが大事です。
商売はお互いの信用のもとで成立するため、特商法はそのための基本的なルールになりきちんと仕組みを理解する必要があります。

消費者トラブルを防ぐためには消費者庁が実態を把握し、どのように対策をするか考えないと厳しいです。
時代の流れは大きく変化しインターネットを使うとコミュニケーションをしやすくなりますが、その中にも詐欺が多くあると認識しないといけません。

SNSでもご購読できます。